沿革

1998年7月

債権の売買に関するコンサルティング業務を主な目的として東京都港区赤坂に有限会社リサ・パートナーズを設立

アセットマネジメント業務開始

1998年10月

デューデリジェンス業務開始

1999年4月

株式会社リサ・パートナーズに組織変更

2001年6月

アコム株式会社との合弁会社アイ・アール債権回収株式会社が「債権管理回収業に関する特別措置法」に基づく債権管理回収業の許可(法務大臣許可第51号)を取得、サービシング業務開始

2001年7月

不動産投資業務開始

2003年12月

当社組成の企業再生ファンドとして第一号となる「ひろしま事業再生ファンド」組成

当社組成の不動産ファンドとして第一号となる「R-Fund1号」組成

2004年3月

東京証券取引所マザーズ市場に上場

2004年9月

ソロス・リアルエステート・インベスターズと不動産共同投資開始

2005年4月

株式会社あしぎんフィナンシャル・グループよりやしお債権回収株式会社(現リサ企業再生債権回収株式会社)の全株式を取得

2005年5月

武蔵野興業株式会社(東証二部上場)への資本参加及び業務提携契約を締結

2005年6月

中小企業基盤整備機構の出資する官民一体企業再生ファンド「えひめ中小企業再生ファンド」組成

2005年9月

信用金庫初となる地域特化型企業再生支援ファンド「京都ちゅうしんリバイタルファンド」組成

会津東山温泉の3旅館(福島県・会津若松市)に対する再生支援開始

2005年11月

「金谷ホテル」(栃木県・日光市)に対する再生支援を決定

2005年12月

東京証券取引所市場第一部に上場

2006年1月

ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスを手掛ける戦略子会社、株式会社リファスを設立

2006年3月

「株式会社旅籠屋」(東京都・台東区)と業務提携及び一部資本参加

「株式会社國場組」(沖縄県・那覇市)の事業再生に着手

2006年6月

やしお債権回収株式会社をリサ企業再生債権回収株式会社に商号変更

2006年8月

株式会社リサ・パートナーズ沖縄設立

2006年9月

事業価値向上ファンド「リサ・コーポレート・ソリューション・ファンド」を組成

2007月1月

M&Aと事業再生にフォーカスしたコンサルティング会社、フロンティア・マネジメント株式会社を設立

2007年10月

九州支店開設

株式会社西日本シティ銀行との業務提携及び株式会社長崎銀行へ優先株式出資

2007年12月

アルピコ・グループ事業再編アドバイザリー着手

2008年3月

官民一体企業再生ファンド「ぎふ中小企業支援ファンド」を組成

2008年5月

株式会社寶組事業再編アドバイザリー完了

宿泊特化型ホテル「JAL CITY 那覇」取得

2008年7月

事業価値向上ファンド「リサ・コーポレート・ソリューション・ファンド2号」を組成

2008年12月

「ぎふ中小企業支援ファンド」において全国で初めて信用保証協会が出資者として参画

2009年2月

NECキャピタルソリューション株式会社との資本業務提携

2010年12月

公開買付によりNECキャピタルソリューション株式会社の子会社となる

2011年4月

NECキャピタルソリューション株式会社の100%完全子会社(東京証券取引所市場第一部上場廃止)

2012年4月

シンガポール現地法人「RISA PARTNERS ASIA PTE. LTD.」を設立

2012年5月

東日本大震災により被害を受けた千葉県内中小企業等の復興を支援を目的に
中小企業基盤整備機構および千葉県、千葉県内金融機関との共同出資により「千葉産業復興機構」を組成

2012年12月

瀬戸内経済圏海事企業の支援・経営強化を企図し「せとうち経済圏・シップ・パートナーズ・ファンド」を組成
全国初めて地域金融機関一体での民間型地域再生ファンド「さが事業再生ファンド」を組成

2013年1月

事業価値向上ファンド「リサ・コーポレート・ソリューション・ファンド3号」を組成

2013年5月

日本政策投資銀行が出資・運営する東南アジア向けグロースエクイティファンド
「Japan South East Asia Growth Fund」に出資及び運営参加

2013年11月

本社を「品川インターシティC棟」へ移転するとともにロゴマークを刷新

2014年4月

日本政策投資銀行及び地域経済活性化機構と共同で
観光産業を対象としたファンド「観光活性化マザーファンド」を組成

2014年9月

東京都民銀行及び日本政策投資銀行との協働による
首都圏中堅・中小企業の活性化基金ファンド「とうきょう活性化基金」を組成